HOME南米の南米旅行サルタの町歩き [アルゼンチン]

広告: 文野旅行社 - BUNNO TRAVEL


サルタの町歩き [アルゼンチン]


10/19|38日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

10/19|38日目

早朝6時過ぎ。どこかに着いたようだ。急いでバスを降りるがサルタではないと言われ、席に戻る。足を叩かれて再び目を覚ます。バス内には誰もいない。乗務員がチップをくれというが、寝起きで苛ついていたのでシカトする。
タクシーに乗り込み、駅近くの安ホテルへ。目的のホテルは閉鎖されていたのでブエノスアイレスでマイコに教わったホテルを探す。なかなか見つからず人に聞いて廻るが疲労だけが蓄積される。バックパックが重いのよね。駅前に戻り「もうここでいいや」と入ったところが教わったホテルだった。

DCimges 1153
photo by © HOSOI Toshiya

チェックイン、25ペソ也。きれいな宿で部屋も清潔感のあるシングル。バス内で配られたサンドイッチを朝ごはん代わりに、シャワーと洗濯。今後の予定をあれこれと考える。今日は1日、サルタの町を散歩してまわろう、11時過ぎに町へ出る。

DCimges 1151
photo by © HOSOI Toshiya

サルタ Salta 。ブエノス・アイレスから北へ1600kmあまり。ボリビア、チリ、パラグアイ国境に均等に位置している乾燥した町は静かというか程よく寂れているというか。にぎやかなセントロを数ブロックも歩けば人気も少なくなる。数時間もあれば町を一周できてしまうだろう。
最後の1枚となったTCを現金に換えようとするのだけれどひと苦労。Citibankに断られ、HSBCで疑われ。オレの目の前で指にツバ付けて印刷面を擦ってます。1時間ほどかかってやっと解放される。ブラジルヘアルからアルゼンチンペソへの両替はスムーズに終わる。

DCimges 1156
photo by © HOSOI Toshiya

DCimges 1158
photo by © HOSOI Toshiya

カフェでお昼ごはん。間違えて1リットルの瓶ビールを頼んでしまい、店を出る頃にはもうほろ酔い。今朝到着したばかりのターミナルに歩いて向かい、3日後のチリ、アントファガスタ行きのバスチケットをもう買ってしまうことにする。バスのランクと値段で決めようと窓口を廻っていると、いい感じのオヤジが「隣の席はかわいいアルゼンチン娘だよ」と、両手で空中に娘の体を描いてみせる。「成立!」とオレも窓口の木枠に拳を振り下ろす。実際は娘って感じじゃなかったんだけどね。

DCimges 1165
photo by © HOSOI Toshiya

ターミナルからすぐのサン・ベルナルドの丘 San Bernardo にゴンドラで登る。コロニアルな町並みを一望できるけれど、まぁほかには何もない丘です。サルタの目抜き通りをグルッと歩いたあと、ツアー会社にお邪魔する。サルタで一番楽しみにしていた「雲の列車 Tren a las Nubes 」は年内運行中止になっているとのこと。ズッコケる。ん〜。
明日はウマワカ渓谷のツアー、明後日は雲の列車・自動車版ツアーに参加することにする。そして明々後日にはチリ、アントファガスタ行きのバスに乗ってしまう。つまり、この先のサルタでの予定をサクサクっとすべて決めてしまったのですが果たしてこれで良かったのだろうか。
町外れの民芸品市場 Mercado Artesanal へ向かっているとポツポツと雨が降り始める。無性に歩きたかったのだけれど、諦めてタクシーに乗る。民芸品市場でお土産を強引に買い進める。何だか旅をまとめに入っている感じ。18時から2時間ほどいた計算。一度宿に戻る。

DCimges 1181
photo by © HOSOI Toshiya

DCimges 1190
photo by © HOSOI Toshiya

DCimges 1191
photo by © HOSOI Toshiya

22時過ぎ、食事をしに駅前のにぎやかな通りへ。フォルクローレの生演奏が聴ける店を探し、良い感じのペーニャへ。ショーが見たいと言うと既に客で埋まったテーブル群とステージの間にテーブルを作ってくれる。マフィアな気分だ。恐縮しつつ、サーロインステーキ。サルタは肉が旨い旨いとよく聞いていたのだけれど、いやぁ〜本当に美味しい。柔らかくて、肉汁ジューシーで。日本ではなかなかお目にかかれない分厚さを誇示しているのに口に運べば運ぶほど美味しすぎて余計空腹感が湧いてくる。ショーも夫婦(めおと)フォルクローレ、タンゴ、フォルクローレグループと多彩。店先の路上でへべれけに酔っぱらったオッチャンが青臭い感じのフォルクローレグループを茶化している。夫婦フォルクローレのCDを買いつつ大満足して店を出る。サルタでの夕食は毎食ステーキだと肚に決める。

DCimges 1310
photo by © HOSOI Toshiya

宿に戻ると宿の兄ちゃんがギターを爪弾いている。少し話をする。バスで20分ほどのところにあるサン・ロレンツォ San Lorenzo なるところが美しい場所で穴場だよと教えてくれる。明日明後日と2日とも朝から遅くまでツアーを決めてきてしまったので失敗したなぁと思う。部屋に戻り眠る。

ひとり旅で行く南米旅行記「アルブラ2006」インデックス

[リアルタイム更新]
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12,
[ふりかえり日記]
2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51,

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ