HOME南米のフットボールメッシ弾でマラドーナ監督連勝/親善試合

広告: BIZEN中南米美術館‐LatinAmerica.jp


メッシ弾でマラドーナ監督連勝/親善試合


ラ・ボンボネーラでマラドーナに会ったことが自慢。小指の爪ほどだったけど。
photo by © HOSOI Toshiya

ラ・ボンボネーラでマラドーナに会ったことが自慢。小指の爪ほどだったけど。

いやー、バイヤー(やばい)。マラドーナ監督2連勝。しかもアウェイのフランス。

新旧「神の子」初タッグとなったアルゼンチンが、エースFWリオネル・メッシ(21)の鮮やかなゴールなどで、フランスに2-0と快勝した。ディエゴ・マラドーナ監督(48)は、昨年11月の新体制以降2連勝となった。
メッシが敬愛するマラドーナ監督に、自らのゴールで白星を贈った。後半38分にフランス陣内を中央突破。次々と相手をかわし、最後は4人に包囲されながらも左足でゴールを奪った。マラドーナ監督は「彼のプレーはとてもファンタスティックだった。まるでボールが体の一部のようだ」とわがことのように喜んだ。

via nikkansports.com

やっぱり本物なんじゃないだろうか。持ってる星が違いすぎる。
2010年ワールドカップ。優勝あるんじゃないの?
たいてい大陸所属の国が優勝するものですが。アフリカだとヨーロッパの方が時差ないので有利っぽいですが。イヤー、無くは無いよ、アルゼンチン。
日本の4強はないと思います。。

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ