HOMEチリ

広告: アウボラーダ‐Lanchonete & Bar ALVORADA


南米のチリ

180° SOUTH|ワンエイティー・サウス


パタゴニア社が「そろそろやばいよ〜」と言っている映画でした。
Copyright © 2009 180° SOUTH LLC. All rights reserved.

パタゴニア社が「そろそろやばいよ〜」と言っている映画でした。

公開1週前の金曜日に試写会で見てきましたよ。

(つづき)

中南米マガジン|音楽が社会科が1でも2でも面白い


BIZEN中南米美術館で撮影!
photo by © HOSOI Toshiya

BIZEN中南米美術館で撮影!

中南米マガジンを初めて目にしたのは岡山県は日生のBIZEN中南米美術館を訪れたときです。お!!と胸を躍らせて18号19号を購入したのですが、そのあとすぐ吉祥寺の啓文堂書店で普通にめっけました。(啓文堂は現在吉祥寺丸井の6階に移転とのこと)

(つづき)

南米諸国の日系人との結び付きを


世界最大規模の日本人街、リベルダージ
photo by © HOSOI Toshiya

世界最大規模の日本人街、リベルダージ

「世界一蹴の旅」を敢行しているLiberoのヨモケンさんがITmedia エグゼクティブに寄稿したコラムです。

(つづき)

SNS大好き!なラテンアメリカ


あちらでは一番人気。

あちらでは一番人気。

今年3月下旬のBBCに、ラテンアメリカのSNS利用に関する統計が載っていたので、ちょっと抜粋してみました。

(つづき)

パタゴニア あるいは風とタンポポの物語り | 椎名 誠


このホテルには僕も泊まった
photo by © HOSOI Toshiya

このホテルには僕も泊まった

@furontorsan におすすめいただいた「パタゴニア あるいは風とタンポポの物語り」読みました。10代後半に何度か椎名 誠の本を読む機会がありましたが結局読まず仕舞い。この歳になって初めて読んでみました。

(つづき)

南米の足元事情


南米の下ってこんななんですね

南米の下ってこんななんですね

みなさんご存知の通り、先日チリで大きな地震がありました。各メディアでは連日、その被害状況が伝えられています。

ですが個人的には、「南米」と「地震」という2つのキーワードがどうしても結びつきません。長年向こうで暮らしたにもかかわらず、地震とは無縁の生活を送っていたからです。

そこで、これを機に南米大陸の足元事情についておさらいしておこうと思います。

(つづき)

南米勢@バンクーバー


始まりました!

始まりました!

いよいよ開幕したバンクーバー冬季オリンピック。日本のテレビや新聞が連日その話題で盛り上がってるのを見ていて、ふと思いました。

「てか、これ南米からも出てるのかい?」

(つづき)

無料で見れるチリ映画|マチュカ 〜僕らと革命〜


意外と盛りだくさん。
© Wood Producciones / Tornasol Films

意外と盛りだくさん。

劇場未公開作「マチュカ 〜僕らと革命〜」が無料上映です。2009.12.18よりDVD発売されたらしいのですがせっかくなのでセルバンテス文化センターの大画面でどうぞ。

(つづき)

“何となく無人島”イースター島とモアイの真実


行ったことない・・・
photo by © Phillie Casablanca

行ったことない・・・

森達也さんのコラム「リアル共同幻想論」。

(つづき)

ウルグアイ国歌が長い件|南米予選突破はブラジル、チリ、パラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイ!


新しいメーキャップ。

新しいメーキャップ。

【11月19日 AFP】2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)大陸間プレーオフ、ウルグアイ(南米予選5位)対コスタリカ(北中米カリブ海予選4位)第2戦。試合は1-1の引き分けに終わり、2試合合計スコアを2-1としたウルグアイが本大会出場を決めた。

via AFPBB News

(つづき)

中南米スイッチ - 気ままな中南米旅行記 -


本のたたずまいが良いです!
Copyright © 旅音

本のたたずまいが良いです!

読みましたよ。一気に。
一度読んでしまえば、あとは時々おもむろに開いたページを読めば良い。
そんな感じのそばに置いておきたい書籍です。

(つづき)

旅音 × インド|写真展 「INDIA IS GREAT」|お土産市 「SOUVENIR FROM INDIA」


気になる。
© Tabioto All rights Reserved.

気になる。

知人に教えていただきました!「中南米スイッチ」の旅音さんが茅ヶ崎でふたつの展覧会を行うそうです。

(つづき)

笑ってコラえて聖夜版 所&さんま...に加え!寂聴さんや金城武さんもやって来ちゃうSP


世界最南端の町!

世界最南端の町!

聖夜の「ダーツの旅」は最南端の町、ウシュアイア(アルゼンチン)と最南端の村、プエルト・ウィリアムズ(チリ)!

(つづき)

帰国[日本]


11/1-2|51日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

11/1-2|51日目

朝9時半ヒューストン着。時差を3時間差し引いて朝の6時半です。外国人にとって米国の税関手続きはとても面倒。ダラダラと待たされて指紋採られて顔写真撮られて。手続きで軽く1時間経ってしまう。感じ悪いやね。こんな国はつい最近まで全世界に米国だけだったそうですが日本でも法改正(PDF)されて2007年の11月20日より実施されます。テロ対策という名目だそうです。

(つづき)

ラテンアメリカ 光と影の詩 [パタゴニア]


10/26|45日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

10/26|45日目

6時起床。チェックアウトの準備をして階下へ。フロントには昨晩お願いした洗濯物の山がキレイにたたまれている。うれしいね。ボインの姉妹よ、ありがとう。これでもう帰国まで洗濯をしないで済みそうだ。
朝のプンタ・アレーナスの町をバス停まで歩く。予想どおり出発時刻の7時半を少し遅れてもバスはまだ来ていない。

(つづき)

はあぁるばる来たぜ、パァタゴニア〜[パタゴニア]


10/25|44日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

10/25|44日目

5時半に起きてチェックアウト。ロビーにある本棚に読み終わった開高健の文庫を残し、代わりに別の文庫を拝借。まだまだ真っ暗な町中をバス停まで歩く。ホットコーヒーを片手に寒さに震えながらバスを待つ。アルトゥロ・メリノ・ベニテス国際空港 Aeropuerto Inteanacional Arturo Merino Benítez まではバスで40分ほど。今日はサンティアゴからチリの南端プンタ・アレーナス Punta Arenas までのフライト。発券手続きを済ますと空港の外でタバコを一本。視界の先には淡く厳かに連なる山脈が朝靄の中に浮かび上がっている。息をのむ美しさ。

(つづき)

久しぶりの大都市[チリ]


10/24|43日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

10/24|43日目

サンティアゴ行きのバスはプルマンのセミカマ。今まで乗り継いできた長距離バスの中でも一番良いクラスのバス。座席のシートが革張りになっており、夜は座席をガッツリ倒せる。若い男性の添乗員がいて枕と毛布の貸し出しをしてくれる。ただし朝は寝ていようが微睡んでいようが構いもせずにカーテンを開けて、枕と毛布の回収が始まる。
青白く澄み切った冷たい朝。ドライブインで顔を洗い、露店で甘い甘いホットコーヒーを啜る。ラ・セレナ近郊の町で隣りの席の初老の男性が降りる。
今後の予定をじっくり考え込む。イースター島に行くつもりでいたけれど昨日ニコレッタのメールを読んで気分はすっかりパタゴニア。旅の方針が固まると、車窓を流れる景色を楽しむ余裕が出てくる。

(つづき)

アントファガスタの優しき人々 [チリ]


10/23|42日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

10/23|42日目

9時起床。シャワーが水しか出ないので昨日一緒にお酒を飲んだ面長の兄ちゃんを起こして火を入れてもらう。そこへ宿のおばあちゃんが登場。「あんた、昨日電気つけたまま寝たでしょ」と怒られる。日本とは違ってチリでは山を越えて電気を引っ張ってくるのよ、とクドクド怒られる。パスポート番号を教えてちょうだい、と言うので昨日伝えましたよと言うと「あらまぁ」といった様子。言い方はきつい感じだけれども雰囲気が何ともカワイイおばあちゃん。昨晩べろべろに酔っ払った兄ちゃんそっくりのアホな小5も登場。カンフーしながら近づいてくる。空手はやったことないよと言っても信じてくれない。
町に出て今晩8時のバスチケットを購入。宿に戻り荷物をまとめてサンティアゴへ向かう旨伝えると、おばあちゃんは一転さみしそうな表情を浮かべ、「ありがとう」と日本語で言うのだ。カワイイじゃないか!

(つづき)

100km先の道を見る [チリ]


10/22|41日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

10/22|41日目

6時起床。寝ぼけ眼でチェックアウトの準備をしながら、ナニに別れの挨拶もできずに寝てしまったことに気付く。夕食にステーキを食べることもできなかった!つまらないツアーに参加したばっかりに、と悔いる気持ちが止めどもなく溢れる。タクシーを呼んでもらい、急いで荷物をまとめて、まだ薄暗い中をターミナルへ向かう。
ターミナルに到着。5分でクロワッサンとコーヒーの朝食を取り、バスに乗り込む。「おいおい、日本人5人目だよ」と運転手が目を丸くする。
7時出発。行き先はチリのアントファガスタ Antofagasta 。隣りの席はアルゼンチン女性。切符売りのオッチャンの根回しです。年は2コ下。パジャマみたいなスエット着てます。

(つづき)

[日本]旅から帰ってまいりました。


リアルタイム更新 12
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

リアルタイム更新 12

旅から帰ってまいりました。

(つづき)

[パタゴニア]プンタアレェナス


リアルタイム更新 11
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

リアルタイム更新 11

来ました!パタゴニア!サンティアゴから国内線でひとっ飛び。なんかすごいテンションが上がってきました。空高ぇし風強ぇ。風が吹くと風に寄っかかれる。

(つづき)

[チリ]アンデス山脈とアタカマ砂漠を飛び越えて


リアルタイム更新 10
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

リアルタイム更新 10

ただ今アントファガスタ、チリに入国いたしました。チリの北部にいます。アタカマ砂漠すごいです。月の谷。ノ-チェックでした。進めば進むほど見たいところは増えて日程は少なくなっていく。ブエノスアイレス搭乗日を一週間後に控え、旅の終え方を思案し、次の旅の予定を立てる今日この頃。
想像していたホームシックや疲労もなく、見知らぬ町でバスを降ろされても、深夜の12時にホステルを捜し歩いても全然動じなくなり、旅が日常化してきているなぁと思うのですが個人的にはこの先が見てみたい!

(つづき)



● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ