HOME南米の南米旅行ブラジルの娘っ子 [ブラジル]

広告: Interfutsal - ブラジルフットサル情報と国際交流 - インテルフットサル


ブラジルの娘っ子 [ブラジル]


9/27|16日目
ひとり旅で行く 52日間ぶらり南米旅行記

9/27|16日目

ついに来ました!アマゾン河を4泊5日で下る船旅!出航まで時間はたっぷりあるのでホテルに荷物を預けマナウス市内観光と洒落込む。国立アマゾン研究所、アマゾナス劇場などを廻る予定で、まずはホテルから歩いて20分ぐらいの観光局で地図をもらうことに。その道のりは凄まじい炎天下。ボタボタと汗が流れ油断すると意識が遠くなる。必死の思いで辿り着くがリオネグロ宮殿内にある観光局は移転したとのこと。南米各国の「地球の歩き方」に掲載されている情報はいい加減でこういったことはよくある。とてもじゃないけれどもこの灼熱の中を移転先の観光局へ向かうことは出来ない。すぐそばのバス停から市バスに乗り込み、そこから1時間ほどの国立アマゾン研究所へ向かう。

DCimges 610
photo by © HOSOI Toshiya

乗るべきバスが来たら肉屋のオヤジがバスを停めてくれ、乗ったら乗ったでお婆さんを連れた娘さんが降りる場所を教えてくれた。そんなわけで難易度が非常に高いといわれるブラジルの市バスに乗って目的地に辿り着く。
研究所の前でジュースやスナック菓子をボックスに並べただけのシンプルな露天があり、そこでタバコを買おうと立ち寄るとタバコのパッケージは3つしかない。しかもよくよく見ると全部開いてて1本ずつ抜かれてる。店のオヤジはニコニコと旨そうにタバコを吸っている。「オヤジ、商品吸うなよ!」と大爆笑したんだけれど、オヤジも釣られて大爆笑してたけれど、今思えばこれはタバコの一本売りだね。ナイス。
INPAという愛称の国立アマゾン研究所 Instrituto Nacional de Pesquisas da Amazônia は大学施設内にあるへんてこりんな研究所。ドデカいジャングルをブロック塀で区切っただけといった様相で中に入れば起伏のある緑豊かなジャングル。予備知識なしで森を歩いていたら犬ほどのデカさのネズミが数匹目の前を走り抜けた。マナティもいた。1時間ほど過ごし帰りのバス停へ。

DCimges 587
photo by © HOSOI Toshiya

バスでセントロへ。バスターミナルから少し歩きアマゾナス劇場 Teatro Amazonas へ。英語での案内による館内ツアーに参加。そのツアー担当の娘っ子はかわいい。ブラジルに来てしみじみ思うのですが銀行受付の女の子やキャビンアテンダント、こういったツアー案内の子とか人前に出る子はえらくカワイイ子が多い。ただ町中の子はそうでもなかったりするのが味噌。まぁそういうものか。
で、もうひとつしみじみ思うのが町中のそうでもないけど自信満々にプリプリ歩く娘っ子達を商店のオヤジ達がこれでもかと振り返って尻をジロジロ眺める。道端で話し込んでいるおっさん達は娘っ子が来ると会話をピタッと止めて尻をじっくりと眺めて、ある程度離れて行ってしまうと「いいケツだな」なんてニヤッとして会話に戻るのだ。10割そうしてる。これはないだろ、みたいな子でもちゃんとリアクションをする(尻を眺める)。偉いな~と思った。

DCimges 632
photo by © HOSOI Toshiya

フェリーのピックアップまで30分ほど時間があったのでネットカフェでこの旅初めてのブログ更新。その後宿でピックアップを待つ。タクシーに乗り込み港に停泊するフェリーへ。1階と2階は仕切りのないハンモック部屋、3階は個室キャビンと甲板になっていて、自分は2等にあたる2階のハンモック部屋へ向かう。冷房が効いているのが2等。凄まじい数の色とりどりのハンモックが垂れ下がり、まるで大漁旗のよう。その雰囲気に防犯上の不安を覚えるが2秒で腹を括る。フロアの両脇に荷物を置くためのすのこが並びその内側8メートルほどの間に6列ほどの色とりどりのハンモックの波。このフロアの規定は309人となっているが一生分のハンモックを眺めた感じ。

DCimges 629
photo by © HOSOI Toshiya

ハンモックの右隣りはデンマーク人のバックパッカー2人、左側はブラジルの若者4人。この4人とはすぐに仲良くなる。マッキーニョにディエゴ、キュートな娘アドリアーナ、もう一人は忘れた。出航すると手荷物から目を離すことが出来るのですぐにマッキーニョとディエゴと連れ立って甲板に向かい、アマゾン河の風に吹かれながら会話やゲームを楽しむ。夕食とシャワーを済ませ寝るまでの時間、互いにちょっかいを出し合って楽しく過ごす。会話の文脈に関係なくアドリアーナがマッサージをしてくれとハンモックに腰掛けてくる。わお!どんな流れだよと思いつつそりゃマッサージします。そんなわけで邪まな考えが頭を過りつつアマゾン河を下る旅の一日目が過ぎてゆく。

ひとり旅で行く南米旅行記「アルブラ2006」インデックス

[リアルタイム更新]
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12,
[ふりかえり日記]
2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51,

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ