HOME南米のデザイン・アートボリビアの「沖縄村」を追う 佐々木加奈子インタビュー

広告: 文野旅行社 - BUNNO TRAVEL


ボリビアの「沖縄村」を追う 佐々木加奈子インタビュー


アイデンティティー
©2009 SASAKI Kanako

アイデンティティー

2009年2月に行われた展示会、結局行けなかったのですが、今頃になってインタビュー読みました。

ボリビアの「沖縄村」に行ってみたくなるー。

サンタクルス駅は、乗客がいっせいに降りて、非常に混み合っていた。プエルトスアレス(Puerto Suarez)に比べると、駅のつくりはずっとしっかりしており、小ぎれいだった。他国からの援助によって、最近できたものらしく、ここサンタクルスがボリビア第二の都市であることを感じさせた。

駅は、バスターミナルも一緒の総合交通ターミナルになっている。ここができたことで、長距離バスのりばは以前のターミナルから移転したらしい。ここから専用バスに乗り、この日の目的地である、沖縄県出身者の集団移住地である、オキナワ(Colonias Okinawa)という名のついた町に直行した。


オキナワ村についての記述はこちらのページが詳しいです。
via ブラジル・ボリビア -- 2004年度水岡ゼミ巡検報告

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ