HOME南米のフットボール/南米の映画映画『マラドーナ』見た! MARADONA PAR KUSTURICA

広告: Interfutsal - ブラジルフットサル情報と国際交流 - インテルフットサル


映画『マラドーナ』見た! MARADONA PAR KUSTURICA


生ける神のひとり。
© 2008 PENTAGRAMA FILMS-TELECINCO CINEMA-WILD BUNCH-FIDELITE FILMS.

生ける神のひとり。

12月12日(土)よりクストリッツァ監督によるマラドーナのドキュメンタリー映画が公開。
シアターN渋谷を皮切りに順次全国公開。

maradona_affiche.jpg
© 2008 PENTAGRAMA FILMS-TELECINCO CINEMA-WILD BUNCH-FIDELITE FILMS.

トレーラーはこちら。

映画を見る前に読んだ記事は宇都宮徹壱氏のスポナビコラム。

端的に言えば、本作はマラドーナに密着取材したドキュメンタリー映画である。ただし撮影時期は、2005年4月から08年2月まで。当然、マラドーナはすでに現役を引退している。アルゼンチン代表監督に就任するのは、08年11月のこと。だからフットボールの現場は過去の映像のみで、リアルタイムのマラドーナは、米国のブッシュを心底から侮蔑し、キューバのカストロに永遠の友情と崇拝を誓う、1人の思想家である。

via ピッチの反逆児と映像の反逆児による夢のコラボ|映画『マラドーナ』をめぐって

ということでアルゼンチン代表監督にまだ就任してない時のマラドーナです。
出演者はマラドーナ、クストリッツァ、フィデル・カストロ、マヌ・チャオ、チャベス大統領。ここ数年の興味の対象が一本の糸で繋がったような出演陣です。さっそく初日の最終回で見に行ってきました。

アルゼンチンのマル・デル・プラタ市で行われた反米州自由貿易協定のデモ参加を軸にマラドーナの幼少期、選手時代、引退後と現在を綴るドキュメンタリー。監督は敬愛する映画作家のひとり、エミール・クストリッツァ。

  • ドリー・ベルを憶えているかい (1981) ヴェネチア 新人監督賞
  • パパは出張中 (1985) カンヌ パルムドール、国際批評家連盟賞
  • ジプシーの時 (1989) カンヌ 最優秀監督賞
  • アリゾナ・ドリーム (1993) ベルリン 銀熊賞
  • アンダーグラウンド (1995) カンヌ パルムドール
  • 黒猫・白猫 (1998) ベネチア 銀獅子賞受賞
  • SUPER 8 (2001)
  • ライフ・イズ・ミラクル (2004)
  • ブルー・ジプシー (2005)
  • ウェディング・ベルを鳴らせ! (2007)

クストリッツァのフィルモグラフィはこんな感じです。「ライフ・イズ・ミラクル」は心の一本です。ボンボネーラで生マラドーナを見たのが僕の生涯の自慢なんですが、そんなマラドーナをクストリッツァが撮るなんて。でもってマヌ・チャオです。(フィデルとチャベスは政治的すぎるのでここでは割愛しとこ)

maradona-poster-3.jpg
© 2008 PENTAGRAMA FILMS-TELECINCO CINEMA-WILD BUNCH-FIDELITE FILMS.

マラドーナについて歌った歌『La Vida Tombola』。「行きたい国でライブをするためには日本でライブをやることも必要なんだ」なんてことを言ってのけるマヌ・チャオですが、いや〜、ホント嬉しそうに演奏してます。
クストリッツァもほんと嬉しそう。自分の作品をチラ見せしては「ほら、このシーン、マラドーナの言ってることに近いでしょ、へへ」みたいな感じ。
実際私もただただ嬉しいです。マラドーナのゴールに感嘆したり、政治的発言にニヤニヤしたり、胸が詰まったり、あきれて笑ったり、万能感で武者震いしたり、ドキドキしたりしました。最も権威のない発言をするとすれば2009年、一番の映画です!

ちょっと調べて知ったのですが敬愛する映画作家のひとり、ケン・ローチ監督がエリック・カントナの映画撮ってるみたいですね。「Looking for Eric」。これもおもしろそう。

  • 2008 年カンヌ映画祭 アウト・オブ・コンペティション ミッドナイト部門 正式出品作品
  • 2008 年ヘルシンキ国際映画祭 正式出品作品
  • 2008 年コペンハーゲン・ドキュメンタリー映画際 正式出品作品
  • 2009 年グアダラハラ国際映画祭 正式出品作品
  • 2009 年シアトル国際映画祭 正式出品作品

『マラドーナ』

オフィシャルサイト

原題:MARADONA BY KUSTURICA
監督・脚本:エミール・クストリッツァ(「パパは、出張中!」「アンダーグラウンド」)
製作:ホセ・イバネス
製作総指揮:ベレン・アティエンサ、アルバロ・アウグスティン、オリビエ・デルボス、マルク・ミソニエ、ガエル・ヌエイーユ、バンサン・マラバル
撮影:ロドリーゴ・プルペイロ・ベガ
音楽:ストリボール・クストリッツァ
編集:スベトリク・ザイッチ
出演:ディエゴ・アルマンド・マラドーナ、エミール・クストリッツァ、マラドーナ・ファミリー、カストロ将軍、エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ、マヌ・チャオ 他 製作国:2008年スペイン・仏合作映画
英語、イタリア語、セルビア・クロアチア語、スペイン語
上映時間:95分
配給:提供・配給:キングレコード、日本出版販売
© 2008 PENTAGRAMA FILMS-TELECINCO CINEMA-WILD BUNCH-FIDELITE FILMS.

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

マラドーナ from “映画、言いたい放題!

Posted at on Dec 14 2009


コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ