HOME南米の映画アルゼンチン映画|ボンボン

広告: BIZEN中南米美術館‐LatinAmerica.jp


アルゼンチン映画|ボンボン


哀愁のある音楽・・・
©2004 Pandora Filmproduktion

哀愁のある音楽・・・

「リトル・ミス・サンシャイン」のような軽やかなコメディ映画と思いきや、哀愁たっぷりのリアリズムでした。音楽もすごく良かったです。

見ました。
役者さんは皆さん素人の方だそうです。素人とは思えない表情、キャラクターでした。主演のファン・ヴィジェガス(役名もファン・ヴィジェガス)の切ない眼差しを見ると母性本能くすぐられます。スペイン語がわかるとセリフ棒読みだったりするのかな。字幕だと真に迫りました。

bonbon-poster.jpg

ストーリーは、、

初老のフアンは、オーナーが変わったとたん、20年間働いたガソリンスタンドをクビになってしまう。新しい仕事を探すが見つからず、娘夫婦の家に厄介になりながら、肩身の狭い日々を送っていた。あるとき、困っている女性を助けたフアンは、お礼にと大きな白い犬を押し付けられる。ドゴ・アルヘンティーノという種類の立派な犬だと言われるが、仕事もないのに犬など連れて帰ったら娘がなんと言うか・・・。しかし、フアンはその白い犬を家に連れて帰ることにした。案の定、家にとどまるか、犬を選ぶかの選択を迫られ、仕方なしにフアンは犬を車に乗せ、旅に出た。

via ボンボン (映画) - Wikipedia

トレーラーはこちら。

パタゴニアの大地を舞台にした美しい映画。
貧しくとも誠実に生きる主人公がひょんなことから騒動に巻き込まれていく。良い意味でこういうのっていつの時代もキラーコンテンツだなー。
実際のパタゴニアもこんな感じなのだろうか。

  • サン・セバスチャン国際映画祭 国際批評家連盟賞受賞作品

『ボンボン』

オフィシャルサイト

原題:BOMBO'N: EL PERRO
監督:カルロス・ソリン
製作:オスカー・クレイマー
脚本:カルロス・ソリン、サルバドール・ロセッリ、ドゴ・アルヘンティーノ、サンティアゴ・カロリ
音楽:ニコラス・ソリン
撮影:ウーゴ・コラス
編集:モハメド・ラヒド
出演者:ファン・ヴィジェガス、ワルテル・ドナード
製作国:2004年アルゼンチン
上映時間:97分
配給:シネカノン
©2004 GUACAMOLE FILMS All Rights Reserved.

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ